医療現場で電子カルテを使うことよって得るメリット

医療現場ではインターネットの普及に伴い、電子カルテを導入するケースが近年ではたいへん増えてきています。カルテは従来多くの患者の詳細な情報を扱うことから、紙のカルテを保管するとどうしても膨大な量となってしまいがちでした。通院歴が長い患者になるとさらに膨大な個人情報が保管されて、必要なときに閲覧ができるようにその患者と紐付けていつも保管しておくことになります。このような膨大な量の情報を、紙媒体のカルテに手書きで記載したり、膨大な紙をストックしておいたり、その記載から必要な情報などをスムーズに取り出すことは、医療現場においても限界がありました。けれどもインターネットを介する電子カルテを利用することで、人手に頼る手作業だけだった事務作業の多くが、ネット管理やソフト導入によって簡素化されることになり、現場においてのメリットを多く生むことになったのです。

電子カルテが医療現場の事務作業を簡素化させる

患者ごとの病歴に関することや診断内容とその処置をした治療法、それに伴う処方薬に関することなどをはじめとして、カルテには実に多くの患者の個人情報が記載されています。紙ではない電子カルテでは、そういったあらゆる医療現場での患者の個人情報が、データベース内にずっとストックをされていくことになります。従来の手書きカルテで要していた人的な作業時間はネットの力を活用することで速くて正確な上に簡素化もされていきます。これは最終的には時短にも繋がりますし、人件費の削減にまでなるメリットもあります。紙の時には情報共有などでコピー配布をしていたような状況でも、電子カルテの情報をさらにスペックの高いクラウドに置いて管理することで、クラウド内にある豊富な情報を、端末を使って得たり閲覧が同時にできるなど、複数での情報共有をすることも可能となります。

電子カルテを利用することで医療現場の可能性が広がる

電子カルテを医療現場で使う場合にはそれに適したシステム構築や専用のソフトなどをIT対応企業がカスタマイズなどして作っていることが多いです。専門の業者が構築するネット環境は、近年でも目覚ましい発展を遂げていますので、従来であればできなかったようなことが、簡単にできることなども期待できます。現場での作業がもっと簡単で、もっとスピーディーで、もっと正確になるといったように、ネットを活用しながらの新しい可能性が期待できることは電子カルテにとっての大きなメリットです。医療現場での規模や必要とする業務に合わせた電子カルテを特注で作る、より利便性のあるシステム構築に変えるなども、業者と話し合えば可能性も広がります。事務作業がスムーズで時短になってコストパフォーマンスも上がれば、多くのメリットが医療従事者にとっても生まれます。

【無料】お試し環境提供中 過剰な機能を抑えたシンプルかつ無床診療所・在宅クリニックに最適なクラウド電子カルテです。 院内にサーバーは不要、インターネットにつながる端末があればすぐに使えるため導入も簡単です。 セコムのサイトのお問い合わせフォームからは24時間問い合わせを受け付けております。 インターネット環境さえあれば、院内はもちろん自宅や往診先でもカルテをチェック、記入できます。 医療ITサービスや電子カルテサービスもセコム