経営における投資の意義

経営において、売上高や利益を拡大していくために必須となるのが事業や金融資産への投資です。それをなくして利益を拡大していくことはまず困難ですから、企業は、ある程度のリスクを覚悟しながら、利益向上のために先行して資金を投入していかなければなりません。金融資産への投資は、大抵の場合、ハイリスクハイリターンであることが多く、それを行う場合には、最大のリスクを想定したうえでの実施が必要です。また、事業に対する投資についても、市場の成長性や他社との競合を見極めたうえで、自社の技術力や営業力を磨き上げたうえで、実施することが経営向上への近道となります。

経営が上手くいっている会社というのは、規模を拡大してもっと大きな会社にしたいと考えるものです。その時に資本金が必要になるため、投資をしてもらいたいと思うわけです。その会社が将来本当に成功するかどうかというのは、外部の人間からはわかりません。まさにギャンブルと同様で、投資をするかどうかは予測を立てて決めるしかほかありません。株なども同じで、今この会社が経営が上手くいっていると思っていても、内部ではすでにやばい状況に陥っているということもよくあります。美味しい投資はなしには落とし穴があるものです。気を付けましょう。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード