医療現場での電子カルテ活用法とは

医療現場において、電子カルテを導入しているという医療機関が増えています。電子カルテを導入することでさまざまな活用方法があり、また多くのメリットをもたらしてくれます。では、医療用に電子カルテを導入することで、どのような活用方法があるのでしょう。電子カルテを導入する以前、診察を行いながら医師はカルテを手書きで記入しなければなりませんでした。手書きでカルテを記入する手間があることで、診察時間が長引き患者さんを待たせることが多々ある、といった経験もあるのではないでしょうか。電子カルテであれば、その場でパソコンに打ち込んでいくので、診察が終わった後もすんなりと情報の伝達をすることができるようになります。それによって、患者さんを待たせることなく診察を進めていくことができるようになります。

電子カルテを導入するメリットとは?

診察時間を短縮することができる電子カルテですが、医療の現場に電子カルテを導入するメリットには、どのような点が挙げられるのでしょう。一番に挙げられるメリットが、場所を取らないという点です。紙のカルテであれば、病院を受診した患者さんの数だけカルテが存在するため、膨大な量のカルテを管理する場所を確保しなければなりません。しかし、電子カルテであれば、ペーパーレス化することができるため、カルテの置き場所を確保する必要がありません。また、パソコンでカルテの情報を保管するので、今確認したい情報をすぐに見つけることができ、情報の整理もしやすいといったメリットもあります。この他にも、字体が共通であるため、誰でも読みやすく情報伝達がスムーズにいくなどのメリットもあります。電子カルテを導入することには、多くのメリットが存在するのです。

医療現場で電子カルテを導入する際に注意することは?

電子カルテを導入することにはさまざまなメリットがあり、活用方法も多くあります。例えば、他の病院に検査を依頼するときにも、情報の伝達をスムーズにすることができるなど、紙のカルテよりも活用の仕方が増えます。しかし、いくら便利だからと安易に電子カルテを導入するべきではありません。電子カルテを導入する際には、自社の形態に合ったサービスの提供をしているのかを確認することを忘れないようにしましょう。なぜなら、自社の規模に合っていないサービスを契約してしまっては、後々余分なコストが発生したり連携が上手くいかないことが起きる可能性もあります。また、初期費用だけで決めてしまうと、運用コストが予想より高くなりコストが上がることもあります。医療に電子カルテを導入する前にはしっかりとサービス内容を確認して検討していきましょう。