流通業界で役立つ経営の手法

物を販売する流通業界で会社経営を行うには、物を仕入れて問屋や小売店に販売する事業が広く行われています。その際には取り扱う商品として、ナショナルブランドを選択した場合では、比較的安定した販売能力を確保することはできます。しかし、利益率を考えた場合では、プライベートブランドに着目することも良い方法です。プライベートブランドは、自社で企画開発を行ったものを、他の第三者のメーカーに製造委託をするものです。ナショナルブランドとの決定的な違いは、他の会社では取り扱うことが出来ないために、完全に経営元が自社のオリジナルブランドとして独占販売できることにあります。

お店など店舗における経営においての商品構成が最近は変わってきています。大手のスーパーマーケットなどでは、食品メーカーなどがテレビなどで優先的にCMを行っている印象のよいナショナルブランドを多く置いており、価格優先のプライベートブランドはあまり商品の棚面積は多くありませんでした。しかし近年では、プライベートブランドであってもCMを店舗の宣伝として行い、商品自体の印象も安く量は多いが味はイマイチという印象から大きく切り替わろうとしています。また、店舗の棚面積自体もナショナルブランドより多く商品を置いている店舗もでてきました。今後、どのような経営になるか注目です。