20:80ルールを考慮した経営

効果的な経営を展開するためには、顧客の要望や需要をとらえることが重要となります。また、顧客層を分析して効果の上がる層をターゲットにしていく方が、すべての層をターゲットにした大多数に向けた広告よりも効果が高いと言われています。これを20:80ルールと言い、いろんな場面で適用されています。例えば、売上の80%は20%の顧客層が生み出しているので、この20%をターゲットにした宣伝を実施した方が効率の良い経営につながるといったものです。すべての顧客層に好評となる商品やサービスを生み出すのはなかなか難しいものですので、ターゲットを絞るというのも戦略の一つかもしれません。

経営において20:80ルールが原則だよね、と言うのをよく耳にするのですが、一体20:80ルールとは何でしょうか。実は、社会では少数の人間や事象が全体的な動きを支配し、大多数を占める部分は小部分が動かすに過ぎないという法則になります。パレートの法則とも呼ばれ、イタリア人経済・社会学者のV.パレートが1896年に発表した説になります。現在でも、通用するとして、2000年にアメリカゼロックス研究所のアダコック氏が品質管理などについて、この説を支持しています。経営においては商品の売上などにも、応用されているコトが多いのが特徴です。