電子カルテがある事で進む医療の世界とは

医療の現場において、医師や歯科医師が、患者の症状や病気遍歴などを記録するものを、カルテと言います。カルテを閲覧することで、過去にかかった病気や、医師の診断、または服用している薬なども知ることができます。カルテは紙に記録されるのが従来のやり方でした。しかし昨今、電子端末の普及に伴い、カルテの電子化が進んでいます。日本では、2001年の12月に厚生労働省が電子カルテ関連の目標を掲げました。それは、2006年までに日本全国の400床以上の病院と全診療所の60パーセント以上に電子カルテシステムの普及をはかるというものです。しかしながら、2017年の時点で達成はされていません。カルテを電子化すると、どんなメリットがあるのでしょうか。いくつか見ていきたいと思います。まずはカルテの保管スペースを削減することができます。

電子カルテを導入するメリットとは

医療現場における電子カルテのメリットはまだあります。手書きとは異なり、キーボードで入力されるので、文字の判読を間違えてしまうことがなくなります。そして、病院内のいろいろな場所から、必要に応じて閲覧することができます。その閲覧に制限を設けることで、情報が外に漏れてしまう心配もなくなります。検査結果や画像にコメントを入力したり、データのグラフ化、または、必要な部分のみを切り取り、紹介状に添付したり学会での発表に利用したりできます。処方や検査と一体化することで、診療の流れをスムーズにすることも可能です。このように電子カルテの導入は、医師や歯科医師、病院職員の仕事の効率を上げるだけではなく、診察を受ける患者側の待ち時間削減にも役に立っています。その反面、デメリットはどんなものがあるのでしょうか。

電子カルテの普及と、これからの医療

医療現場において、電子カルテは大変便利なものだということがわかりました。しかし一方でデメリットもあります。まずは金銭面の問題です。システムの開発やメンテナンスなど、従来の紙のカルテよりもお金がかかってしまいます。そして、医師や看護師などが端末の操作について学習しなければなりません。日々の忙しい業務の間に、学習時間を組み入れることは、容易ではありません。さらには、コンピュータウイルスによる、個人情報の漏洩、不正アクセスなどの対応もしっかりと管理しなければなりません。また、停電時には閲覧や使用が不可能になってしまうという問題点もあります。こうした問題点を改良しながら、今後ますます電子カルテは普及していくと考えられています。より良いシステムが開発され、医療現場の流れがスムーズになり、質の高い医療が進むことが期待されます。