電子カルテと紙のカルテの医療現場での比較

病院で患者の受信状況や症状、治療履歴を書き記すカルテ、このカルテは治療が終わり5年間保管することが義務付けられていますので、保管するカルテの量は膨大な数になります。その中から治療する患者のカルテを探し出す作業も大変手間のかかることです。また紙のカルテに手で書かれているものは、字の癖などで読み取りにくいこともあり、医師の字に慣れるまでは解読することさえ時間がかかることもあります。紙に書かれていたカルテの情報をデータベース化した電子カルテなら、膨大な数のカルテでも場所をとることなく保管でき、簡単に検索や抽出ができます。また、人が書いた文字とは違い、解読できないというようなこともありません。医療現場の負担が軽減されるので、患者にも待ち時間が短縮されるというメリットがあります。

医療現場で電子カルテを導入するとこんなにもメリットがある!

医療現場での電子カルテの導入にはたくさんのメリットがあります。データベール化することで保管が楽になること以外にも、どんどん新しいものが出される薬や、処置や検査なども検索機能やプルダウンリストから簡単に入力することができます。それぞれの保険点数もマスタに登録されていますので、入力だけではなく会計処理も格段に楽になります。会計集計、未収の管理なども簡単に行えますので、事務業務の効率化や、それに伴う患者の満足度の向上につながります。レントゲンや心電図などの検査結果の画像データも連携させることができるので、電子カルテ上に患者の必要なデータを集約することができます。経済産業省が一般社団法人に委託した「IT導入補助」に医療機関も該当するので、電子カルテ導入に補助金を受けられる可能性もあります。

医療現場での紙カルテと電子カルテはどうちがう?

医療現場で使われる紙カルテと電子カルテを比較してみましょう。まず紙カルテは、導入や運用にコストがかからないことが最大のメリットです。そして紙にペンで書き込むので、パソコンが苦手であろうが機械音痴であろうが問題ありません。しかし、膨大な量のカルテの中から受診する患者のカルテを出したり、過去の診療記録から必要な情報を得るには、人の手で探すので手間がかかります。次に電子カルテですが、患者の情報や診療記録をデータベース化するわけですから、検索や参照などは簡単に行うことができます。またカルテの保管場所はデータベースの中になるので、収納スペースもわずかですむ一方、導入、運用にコストがかかり、医療スタッフにある程度のPCスキルが必要になります。また停電への備えなども考える必要があります。医療現場で電子カルテの導入を考えた場合、それぞれのメリット、デメリットを熟慮し、検討する必要があるのではないしょうか。